BLOGブログ

台風去ってまた台風…

2018.10.03

カテゴリー:BLOG

先日大きな爪痕を残した台風24号。

25号の進路も気になるところです。

ママプラグ でも、自治体の大きなイベントがいくつか予定されている日でしたが、軒並み中止となりました。

最近の災害続きで、少しずつ各企業や自治体の災害対策意識が上がってきていて、

前日には、なんらかの対策がメール配信されて来たり、

昨年までは、

「当日朝7時に、警報が出てれば中止」

や、決行して暴風雨すぎて中止…などが多かったのですが、そこは変わりましたね。

ほとんどが、前日までに中止を決定。

もっとも大きな例が、JR、私鉄各社の全線運休です。

以前、JR西日本が、前日から全線運休に踏み切った事は、私の中で

「なんてカッコ良い英断!」

でしたが、今回それに追随してJR東日本、私鉄各社も運休を決定しました。

マスコミでは、異例づくしの…などと言われていましたが、これは異例にしてはいけないですよね。JR西日本が異例の決断をしたことは、今後の日本のあり方や働き方を変えるきっかけになったと思います。

東京都内の各路線が使えない

という、かなり強力なパワープレイによって、

「まぁ、それでも大丈夫でしょ!?」

という人々がほとんどおらず、被害が最小限に済んだと思います。

もし、これまでどおりの特に無対策だったら、もっともっと夜中に怪我人が出た可能性もある大きな台風でした。

その反面、まだまだ対策不足を感じざるを得ないことも多々あり…

例えば、ムスメのかよっている進学塾。

授業、ギリギリまでやることになってました。

当日の数時間前に、大雨が降りだした頃、夜の授業は中止になってたな。

受験生の皆さんや親御さんが、授業をおろそかにしたくない気持ちや、先生方の情熱は理解できます。

でも、なんらかの対策を進めていかないと、毎年毎年この大型台風がやってくる中で、いつか落とし穴がある気がしてならないのです。

イベント一つとっても、事前に一生懸命準備をしていることや、計画を前々から練っていることを考えると、一つの台風でおじゃんにするのは本当に苦渋の決断です。

それは仕事であろうと、どの分野でもおなじ。

でも、今回の台風から、

事前に対策をしたから、このくらいの被害だった。

ことを学ばないといけないですね。

まさに、安全第一。

それでもし、たいした悪天候にならなくてもいいんです!無駄ではないですよ。

各ご家庭でも、台風対策について、話し合う機会を設けてみましょう!

月別アーカイブ

寄付・協賛について