BLOGブログ

つづけよう!

2018.03.12

カテゴリー:BLOG

東日本大震災から7年。

2歳だった娘は9歳に、当時まだ影も形もなかった息子はもうすぐ4歳に…

この時期が来ると、多方面で震災を忘れぬよう沢山のメッセージや防災の大切さが発信されますね。

311がメモリアルな日として、これからも人々に伝わっていくことは本当に必要なこと、大切なことです。

だけど、子どもたちはもう震災を知らない世代になってきています。

私たちが戦争を知るには、体験談を聞いたり、資料を読んだり、映画を見たりして想像するしかありません。

子どもたちも同じように、震災を知り、聞いて、想像するしかありません。

それはやっぱり体験した世代とは大きな差があるように感じます。

だからこそ、3月11日を特別な日にするのではなく、あの日起こったことを、それ以降の毎日の中で教訓にしていかなければならないと思います。

みんなで毎日楽しく暮らしていただけなのに、全員助かったね!

という仕組みを作っていかなければなりません。

知らない間に防災している毎日を。

備えている方がカッコいい、という価値観を。

私たちが、震災を経験した方々からきいた生のメッセージは、絶対に今後同じ事を繰り返してはいけないものです。

その想いをベースにして、これから成長する子どもたちが伸び伸び暮らせる強い社会を作り たい!自信を持って災害に立ち向かいたい。

3月11日、ママプラグは通常通りセミナーを各地で引き受けていました。お会いしたみなさまが、備えに一歩踏み出してくれますように。

そして、それが日常生活の一部になりますように。

私たちはそんな想いで、今後の新しいプロジェクトに取り組んでいます。

同じ想いの方々とたくさん繋がって形にしていければいいな!

新着記事

月別アーカイブ

寄付・協賛について