BLOGブログ

ちょっとモヤッた

2019.06.11

カテゴリー:BLOG

ママプラグでは、新規事業として、中学受験を受けるご家庭に対してのプログラムを展開していこうとしています。

第一回目は

6/30 10:00-12:00 @青山ウィメンズプラザ

詳しくはこちら。

ご興味のある方は、是非来てください。

なんで、あなたたちがいきなり受験の話なの?と思われるかもしれませんが、実はママプラグはキャリア系の柱もございまして、それぞれの本業を活かした事業展開もしているのです!実は。

そして、防災にしても、キャリアにしてもベースとなっているのは「コミュニケーションの大切さ」。なんですね。

ですので、キャリア系の話も、防災の話も伝えたい想いは同じだったりします。

そして、本題。タイトルにもしたモヤッたことがございました。みなさんどう思います?

昨日、塾から帰宅するムスメからの電話がない。

既に時間は9時。

電話をしても繋がらず、やや不安になっておりました。一緒の友達も出ない。

塾からの終了通知メールは来ていたので、その時間にでただろうに、直ぐにかかって来る電話がない。

すると、何分後かに電話がかかってきて

エレベーターに閉じ込められた。

って言うんです!

え、ええーっ?ですよね。

帰宅して、詳しく聞いてみると、

5階で5年生がエレベーターの中に7人程乗っていた

4階で6年生が10人近く乗ってきた。

定員は12名と書いてあって、満員電車で状態になったので、前に乗ってた誰かが、無理だよと言った。

大丈夫大丈夫!と全員無理して乗った

ブザーはならなかった

突然ガタン!と音がして電気が消え、停止

中の子どもたちは慌てて携帯を取り出すが、全員圏外

ドアを叩く子がいて、みんな不安になり、泣き出す子もいた。

とりあえず、全ての階のボタンを押し、緊急ボタンを押そうとしたらまたガタンと動き出した。すごいスピードで落ちるみたいだった。

2階のエステサロンで、いきなりドアが開いた

半分位降りて、またドアが閉まった

無事に一階まで着いた

どうですか?色々モヤるポイントがありませんか?

・ブザーならないのおかしいだろー

・5年生が6年生に注意できない…そっか…

・エステの方、子どもが雪崩のようにいきなり降りてきた時点で、塾に報告してくれても良かったんでは?あなた方も使うエレベーターですよ?

そして更には、私がその話を聞いて、速攻で塾に確認したら、まだ誰の保護者からも(エステからも)連絡が無かったらしくて、受付の事務の方が、

「えー、そんなことがあったんですか?そんな騒ぎにはなってなかったですけど…」と言われてそれもまたうーん。

その後、先生が代わって、直ぐに業者に確認して、安全対策とります。と言ってくれたのでまだ良かったですけど…

最初は、嗚呼、これがモンペ扱いってやーつ?と思っちゃいました。

エレベーターは、揺れを察知しても止まりますし、慌てずに行動することがとても大事ですが、まずはそんなパンパンに詰め込んだ状態で動き出すのがおかしい!

そして、そんなに乗ったらヤバイって!って思う子もいれば、大丈夫大丈夫と勢いで乗る子もいる。

ここで、私は階段で行く、とか、ぼくは次待つから一緒に待とう。

という意見が出るだけでこんな事にはならない。

大事に至りませんでしたが、いつ事故につながるかわかりません。

やっぱり、危険なことを感じ取る力って絶対に必要なんです。

えー、そんなことがあったんですかぁ?という大人が居てはダメなんですー。

あまり長すぎてもなんなので、ここで終わりにしますけど、こういう事が身の回りであるようでは、まだまだだな。と思いました。

大きな事故が相次ぐ中で、自分ではどうしようもない悲劇ももちろんあります。

でも、どうにかなることも多いんです。

対策できることはしておきたいものですね。

新着記事

月別アーカイブ

寄付・協賛について