BLOGブログ

夜中の避難

2019.06.19

カテゴリー:BLOG

昨日、またまた日本を震撼させた新潟 山形の大地震。

土砂災害警戒区域もあり、避難生活を余儀なくされている地域もあります。

熊本、北海道など、ここ数年で起きている地震に共通しているのは、夜間であること。

最近は、睡眠の質を上げるためのグッズや意識も高まってきていて、夜はその日一番のリラックスタイムですよね。

そんな時に、地震が来るのが怖いからといって、いつも警戒していないと行けないのも辛い話。

だとしたら、今からできる、できそうな対策知っておきましょう。

まず、とても大切なこと。それは、

●お家を綺麗にしておく。

シンプルだけど、超大事です。

どうしても、ガラスなどで怪我してしまうことが多いんです。キッチンなどはそうなってしまってもある程度は仕方ないとして、いざというときの避難経路は、物が溢れてないほうが安全です。

そんなこと言っても、うちは、とにかく物が多い!不安!という方は、スリッパや靴を寝る部屋に置いておいたりしたほうが良いですね。

そして、揺れで怪我をしなかったとしても、停電で真っ暗闇の確率は高いので、

●ベッドのそばに、ランタンやヘッドライトをおく。

●眼鏡などをおく

また、女性は特に、とっさに外に出ても問題ないように、

●普段からリラックスウェアにこだわる!

と良いですよね。

心身ともにリラックスできて、かつ、ちょっとコンビニへ…くらいなら行ける!というものをチョイスしておけば、いざという時も、行動がスムーズに。

パジャマ派の方も、羽織れるものなどがあると良いと思います。

明るくなったら、片付けに入る前に、被害の状況を写メしておくことも忘れないで欲しいです。後々、罹災証明などで役に立つ場合があります。

いつ来るか分からない地震。そしてその後にも不安が続く土砂災害。

やっておいて良かった!という声が今回も新潟から届きました。

今からできること、あります。

少しずつ、皆んなの防災力が底上げされているからこそ、津波に警戒して命を落とす方が居なかった。

少し前まで、海岸に観に行く人って沢山居たんです。

もっともっと強くなろう!

月別アーカイブ

寄付・協賛について