BLOGブログ

農林水産省の

2019.03.04

カテゴリー:BLOG

またまた真面目なお仕事。

農林水産省の食料備蓄に関する啓発事業の委員として参加してきました。

実は年末から携わっており、自分には無縁と感じていた霞が関に足繁く通うことに。

錚々たる先生方ばかりの中で、毎回完全なラフスタイルで臨んだ自分のメンタルを褒めてあげたいと思います。(しかも、骨折中は、皆さんに負んぶに抱っこの大迷惑。。すみませんの一言です!)

食料のストックに関して、どのようにしたら国民のアクションに繋がるか。

どんな目線が必要なのか。

既存の防災にはないスタイルや、プロモーションは?

様々な視点で取り組ませていただきました。

正直言ってこのような事業は、大きいだけに壁がいくつもあって、言いたいことが通らない場合が非常に多いです。

それでも毎回参加させて頂くのは、シンプルに

私たちの意見で、変えられることが米粒大でも砂つぶ大でも、あると信じているからです。

今日も、ものすごーく責任を感じるお仕事をしてきました。

防災事業は、目に見えないからこそ、成果を想像して入念に準備をする必要があります。様々なご意見や提案をなるべく沢山勉強して、次に繋がなくては。と思っています。

でも、ゆるーく、楽しいことや美味しいものも発信していきますよ!

こちらの啓発事業については、また後日詳しく発表します!

↓委員の先生方

月別アーカイブ

寄付・協賛について